中古車には車両本体価格に諸費用がかかる

中古車選びで大切にしていることは、予算と希望車種の関係という人が多いと思います。
中古車であっても、決して安くない買い物ですから、予算の上限を決めている人がほとんどでしょう。それにもかかわらず、値段を決めてから購入しているはずなのに予算オーバーになっている人が多いのです。

その理由は諸経費にどれくらいのお金がかかるか知らないために、予算ぎりぎりの中古車を選んでしまっているからです。購入する前にどんな費用があるのか知っておくことが必要です。

ではどのような費用がかかるのかチェックしましょう。
まずは車検です。車を維持する中で一番お金がかかる部分です。
車検が何年残っているかは、表示されているところがほとんどですが、ない場合は確認しましょう。車検が切れている場合は、その分の費用がかかります。

次に税金です。
自動車税・自動車取得税・自動車重量税・消費税です。
自動車重量税は車検が残っている場合、支払う必要はありません。
まだ、車検が残っている車の方がお得ですね。

また登録費用・車庫証明法定費用も必要です。
販売店によっては整備費用を別途請求されることがあるので注意しましょう。

色々な費用がありますが、販売店で決められている価格も多くあり、販売店によって車両の本体価格以外異なってくるので、購入する際はい色々比べて決めた方がよさそうです。

また、本体価格は安いと思いきや諸費用でかなりの高額なったという話もよくあります。
諸費用で利益を出そうとする販売店もあるのでよく聞いてから、契約するように気をつけましょう。

中古車選びの際は予算より少し安めの車を選ぶことで、予算オーバーを防ぎましょう。