志望動機をマニュアル化してはいけない

転職を成功させるには、履歴書の志望動機がかなりのポイントになります。
意外と志望動機内容を、大切だと分かっていながら疎かにしている人が多いのではないでしょうか。たとえば空欄ばかりが目立つ履歴書になってしまったり、自分の書きたいことだけをそのまま書いてしまったりしてはいませんか。

とくに目に付くのは、志望動機の部分を適当に書いてしまったり、履歴書のマニュアルをそのまま真似てしまったりしているものです。志望動機をきちんと書いた履歴書は、転職活動において面接に至るまでの重要なプロセスです。志望動機を安易に考えていては、転職を成功させるのは難しいと言えるでしょう。

転職活動を行っている自分自身が、どうして今の会社を退職してまでその企業を選択するのかということをきちんと考えるべきではないでしょうか。人事担当者に自分の仕事に対する熱意をしっかりと伝えるためにも、志望動機にはマニュアルのような内容ではなく志望する会社への熱意を書くことが求められるのです。

なかなか転職の志望動機が考えつかないときは、その企業を数ある企業の中から選んだ理由を思い出し、また自分が何をその企業に求めているのかということを振り返ってみてください。どうしても難しい方は、転職時の志望動機の書き方を載せているサイトや本を参考にすると良いでしょう。ただし、人事担当者は何人もの応募者の履歴書を見ていますから、あくまで参考までにしておきましょう。最終的には転職の志望動機は自分の言葉で書いてこそ熱意が伝わる内容になるものですから。