FX業者を選ぶ際に比較するポイント

FX業者を選ぶことは大切なことですが、では何の違いを見てFX取引会社を選べばいいのか。
というと、各FX業者によって、システムな内容に違う点が色々とありますので、この違う点をポイントにし、比較してみてください。FX取引システムが業者ごとに違っています。

売買の方法、口座の管理の方法などが具体的には、必ず違っています。

また、FX売買手数料もそれぞれのFX業者ごとに違っています。
たとえば、0円から1000円くらいの範囲で決められています。

そしてFX業者ごとに必要な保証料も違っているのです。
だいたい1万ドルのFX取引当たり、数1千円から10万円くらいが相場だと思いますね。

そしてFX取引でスプレッドという売値と買値の差も違っていますし、スワップという配当の金額の違いもあります。

要は、取引する会社によっては、全く違う場合もあるようです。

また、FX取引業者によっては、取引ができる通貨の種類もいろいろと違っています。このようにFX取引業者を比べるといってもこれだけ内容が違うことがたくさんあるので、内容をよく理解してから選ぶようにしなければいけません。

だからこそ情報収集が大切なのです。
情報収集することで、FXに関する知らなかった内容や、知識を得ることができますし、内容理解につながりますよね。

では、最後にFXの業者を選ぶ時のキーワードを書いてみますね。

(1)手数料
手数料は基本的に安いほど有利なものですが、会社の信頼性やその他のサービスなどをトータル的に考えてみましょう。

(2)スプレッド
業者が顧客に提示する為替レートは、買値と売値の2通りのレートです。スプレッドとはこの2つのレート差のことで、この差が小さいほどいいのです。

(3)レバレッジ
各業者でかなりの差があります。時には、何百倍と示すところもあります。レバレッジは大きいほど少ない資金で大きな投資ができます。しかしそれは同時にリスクも大きくなります。

(4)最低預託金
投資資金が少ない時には、預託金が小さいところを選ぶ必要が不可欠です。

(5)スワップ金利
業者により差異がありますが、基本は、外貨を買う場合、買いのスワップが高い方が有利に働きます。

(6)取引単位
通貨ペアごとに、取引単位が決められており、自分の投資スタイルに合わせて選択してください。

(7)注文機能
業者の注文には成行、指値、逆指値など、たくさんの注文方法があります。また、各FX業者により、その種類に差もあります。自分の投資スタイルに合わせて選ぶびましょう。