美白には正しいスキンケアが大切

当然ですが美白を目指す上で丁寧なスキンケアを怠ることはできません。
紫外線を浴びない、内側からの対策をすることも大事ですが丁寧なスキンケアなくして美白を手に入れることは難しいかもしれません。美白だけでなく肌の老化対策(エイジングケア)をすることもできます。

肌の老廃物を除去することも美容としてだけでなく、健康のためにも丁寧なスキンケアを心がけるようにしてください。

スキンケアではメイクを落とすクレンジング、汚れや老廃物を除去する洗顔、水分を与えて保湿する化粧水、水分が逃げないようにする乳液などの段階を踏まえることが大事です。誰でも分かっていることが意外と間違った方法であったり、丁寧でなかったりします。スキンケアに用いる化粧品は自分の肌質に合ったものを選びましょう。

クレンジングにしろ洗顔にしろ強い力で肌をゴシゴシしてはいけません。肌を傷つけ老化の原因となります。保湿はたっぷりの化粧水で行ってください。洗顔後の30秒以内に保湿を行うのが理想とされています。化粧水の量は500円玉3つ分と言われています。贅沢と思いますが、乾燥が気になるなら化粧水をたっぷりと出して念入りの保湿を行ってください。

大切なのはこの保湿を行ったあとに皮脂膜を作って与えた水分が逃げないよう水分をキープすること、油分を与えることです。水分と油分の上手なバランスが保たれた肌は弾力性があり、肌トラブルは滅多に起きません。このバランスが崩れると乾燥したり、トラブルが起きたり一気に肌が老化して老けた印象を与えてしまいます。

乳液やクリームなど色々とありますが、肌が普段からベタつくのであればジェルなどの軽いものでも大丈夫です。よく乾燥する人は特に乾燥が激しい部分に二度づけしてください。また、乾燥するからといって過剰な油分の与えすぎはよくありません。油分が毛穴に詰まってニキビの原因となります。日中、乾燥するのであれば乾燥する部分に乳液などをつけるといいでしょう。持ち運び用に携帯していると便利ですね。

もちろんスキンケアも大事ですが、肌トラブルの原因は肌に残った汚れだけが原因となるわけではありません。ストレスや生活習慣の乱れなども大きく影響されます。